BNK48 CMしている飲料Lactasoy 飲んで!あ〜 すんごいっ!

AKB48のバンコク版であるBNK48がタイでも超爆発的な人気爆裂の大盛況。そんな爆裂中のBNK48(バンコク48)がCMをしているタイの飲料(ラクタソイ)とはどんな飲み物なのか。実際にバンコクで購入し飲んでみたので紹介していきます。

このタイの飲み物LactasoyにはBNK48のメンバーの中から人気の6名が絞られ広告に起用されています。その中からさらに2名!えなねこの一押しBNK48のメンバーのプロフィールも合わせて紹介していきます。

スポンサーリンク

ラクトソイを買いにタイのセブンへレリゴー!

タイには日本と同じようにセブンイレブンがあり品揃え最強!さらには冷房も最強!突っ立ているだけで汗だくになる南国タイランドの回復スポットとしても利用価値は高い。

そんなセブンイレブンでBNK48がイメージキャラクターとして広告起用されているLactaSoy(ラクタソイ)をゲットする事ができる。

 

1Bバーツは
3.43

ラクトソイは125mlのミニサイズならわずか5Bバーツとお安い。ちなヤクルトも5Bバーツであったが2016年3月に7Bバーツに値上げしました。そんな物価状況の中で5Bバーツという価格設定を維持しているのは並み大抵ならぬ企業努力があるのだと想像できる。

 

♪1・2・3 4 5!うまいでっす☆

バンコク48はタイ人からも日本のアイドルグループAKB48の姉妹グループだという事が認識されており、タイでも超絶を通りすぎて爆発的な人気グループに一瞬で伸し上がりました。

初期メンバーの選抜センスもバリバリの日本式でタイでは子供として扱われる年齢の14歳から18歳までを中心にオーディションに合格となりタイ国民が「おいおい。正気かよ」と脅威した。

日本だと初代?2代目のモーニング娘の辻ちゃん、加護ちゃんといったロンリーな小学生がアイドルとなり日本国民は当初ざわついた。しかし、それを機にアイドルの低年齢化は当たり前になり日本人は子供が好きだよね。といった感想をタイ含む海外の人から思われている率は高い。

 

今回ラクタソイのCMで起用されたのはBNK48のメンバーのうち、特に人気のある6名。メンバーの名前は上段左から、JENNIS(ジェンニス)、Pun(プン)、MUSIC(ミュージック)。下段左からMOBILE(モバイル)、SATCHAN(さっちゃん)、KAIMOOK(カイムーク)。

この中でも特に有名なのがバンコク版「恋するフォーチュンクッキー」でセンターを務めたモバイルちゃん。そしてもう一人は大注目のロンリー枠のエース「さっちゃん」である。この2名をピックアップし軽く紹介していきます。

スポンサーリンク

 

モバイル=ピムラパット パドゥンワタナチョーク
(Mobile-Pimrapat Phadungwatanachok,โมบาย-พิมรภัส ผดุงวัฒนะโชค)

アイドルのモバイル BNK48(Mobile BNK48) AKB48グループのBNK48第一期メンバー。「恋するフォーチュンクッキー」では堂々のセンターを務め、BNK48といえばこの子を思い浮かべるほどのダントツの知名度を誇る。

2002年7月9日 バンコク生まれ。159cm。BNK48デビューした年齢は15歳。

 

 

サッチャン=サウィチャヤー カジョンルンシン
(Satchan-Sawitchaya Kajonrungsilp,ซัทจัง-สวิชญา ขจรรุ่งศิลป์)

日本名は花見咲知弥(はなみ さちや)。2003年12月13日 バンコク生まれ。身長は納得の150cmというミニマム仕様。その筋が思考だ!という紳士から見ても唸るほどの好条件。この子の母親は日本人でタイ&日本人のハーフである。

バンコク48でデビューした年齢は最年少の14歳と1ヶ月と20日。なぜ、こんな細かな日数を表示するのとかと疑問を持つ紳士はわかっていない。年齢が低ければ低いほど1ヶ月単位の比率は高くなり無視してはいけないプロフィール要素となるのだ。

赤ん坊を年齢で言うのではなく2ヶ月、3ヶ月などと月単位で表記するのと同じ理屈である。細かな年齢表示に疑問を呈した紳士は深く反省し年齢の尊さというものを肝に免じておいてくだい。

 

ラクトソイの味は7種類!

ラクタソイは6種類の味が発売されているが実際にセブンイレブンをいくつか回ったが扱っているのは青色カラーモバイルちゃんの「8ESSENTIAL AMINO味」と薄茶色の「HIGE CALCIUM味」の2種類しか見かける事はなかった。

 

ラクタソイってどんな飲み物なの?

タイのセブンイレブンで確認できたラクタソイの代表格の味「8ESSENTIAL AMINO味」を試飲。砂糖を追加した豆乳である。日本の調整豆乳よりも甘めであった。甘すぎるという弱点はあるもののストローでさっちゃんからチューチューするのをイメージして飲み干し大満足な結果となった。

 

飲んでる最中にストローからラクトソイがMacに滴りました。

 

そして、お次は薄茶色の「HIGE CALCIUM味」。砂糖が完全に入ってないものと予想していたが、微糖レベルで砂糖が追加された豆乳であった。青色ラクタソイの微糖タイプである。日本人が求めるのはこの微糖タイプのラクトソイでしょう。

買うなら薄茶色の「HIGE CALCIUM味」がオススメ!

 

バンコクの高架橋鉄道BTSにも注目!

バンコクを走る高架橋鉄道BTSの車体もBNK48がCMするラクタソイ祭りであった。BNK48が出演するラクタソイの広告ウリも見たかった。という人のためにYouTube動画から確認できるので是非チェックしラクタソイをチュパチュパしていただきたい。

 

 

BNK48 ラクトソイCM YouTube

 

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-2-59-47

 

スクリーンショット 2016-08-27 20.32.35 のコピー 4

スクリーンショット 2016-08-21 3.49.10 のコピー 2

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA