パタヤ ソイ6バービア置屋の遊び方

パタヤのナイトスポットとして有名なソイ6バービア。パタヤには星の数ほどバービアがあちこちに乱立しているが、何故このソイ6のバービア群がナイトスポットとして特別有名なのか。ソイ6バービアの場所から遊び方、料金相場まですべて紹介していきます。

ソイ6バービア

05f94c6123ccc3430ebd5ff915ada2d5パタヤにあるメインとなるナイトスポットの場所を表したマップ。ソイ6バービアの位置関係は上の地図の通りである。Googleマップで確認する

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-17-1-18-32ソイ6は300mほどの通りにバービアが約50件ほどずらりと並んでいる。パタヤのソイ6ソイ6/1と2種類存在する。ソイ6/1ソイ6の隣の裏の通りのことを指す。何を基準にしてソイを小分けしているのかは不明。

この裏路地は人通りが少なくレディーボーイが出現しハロ〜っと声をかけてくる。1000Bバーツが相場。特にバービアがあるわけではなく、ただの道なのでスルーして良い。

img_2515メインのソイ6には道の両サイドを囲う形でバービアが、ずらりと並んでいる。バービアのタイっ子たちは、この道を歩く人にウェルカム〜。アナタ〜。と超絶アピールをしてくる。

えなねこはこのバービアから道を眺め日本人の紳士がどのような感じで、この道を通過するのか観察していた。単独行動の紳士だと照れながら通過していくのでイマイチタイっ子を吟味できずにいるといった恥ずかしがりやな紳士が多かった。

しかしこのパタヤでは照れは無用。堂々とわたしは変態紳士だ!と両手を腰に当ててピン子をおっ立てながらソイ6を徘徊するのがパタヤスタイル。ゆっくりと顔や性格を吟味しよう。

ゴーゴーバーも存在!

img_2494-2ソイ6にはゴーゴーバーまで存在。バンコクのナナプラザと同じ、あのマンダリン(Mandarin)がある。しかし究極に盛り上がってなくステージには2、3人ピグモンが恥ずかしそうに踊っているだけなのでスルーして良い。

バービアで働くタイっ子の性格は?

img_2514-2

1Bバーツは
3.34

ゴーゴー嬢よりも格段に大人しくドリンク攻撃はかなり緩い。ドリンクの料金はビール1本80Bバーツ〜100B程度。タイっ子にドリンクをご馳走してあげる場合は+50Bバーツ程度加算される。この加算されたドリンク代をタイっ子はゲッツすることができる。

幻の2階の部屋

img_2803-2さらにタイっ子に1000Bバーツ、お店にバーファイン代として300Bバーツの合計1300Bバーツを支払うと2階への扉が開かれる。

img_2801-2こっちよ〜ん☆とタイっ子が階段の先へと誘導してくれるので後ろを着いていく形になる。この隙にアヘ顏をしたりすることができるので見逃してはならない。

 

img_2805-2実はソイ6のバービアの2階はタイっ子の住む自室となっていて、ここで寝泊まりし住み込みで働いている。つまりここはタイっ子の部屋だ。鏡に反射して見えるタンスの中を開けると靴や私服などが収納されている。

 

img_2806-2ソイ6バービアは治安が良く盗難事件や恐喝などまったくないので安心して良い。タイっ子の部屋のタンスの中を見せてもらったりくんかしたり満喫すると良いでしょう。

このバーの2階の部屋は綺麗だったが店によっては汚い部屋もある。この部屋はシャワーが部屋についているが、ついていない部屋もあるのでそういう時は貴重品は必ずシャワー室まで持って行くのが無難。警戒することで相手に失礼といった事もまったくない。

チップは必要?相場は?

img_27672階の部屋へ行ったのであればチップは無しで問題ない。しかしバービアで一緒に飲んでそのまま帰る場合はお礼の気持ちとしてチップをあげるのが紳士的。

1Bバーツは
3.34

チップは多くても100Bバーツ。気に入らなければゼロ0でも良い。

ソイ6の通りには移動式の屋台がたくさん

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-17-3-18-32バービアの前の通りには移動式の屋台が多くやってくる。フルーツ屋台やスルメ焼き、さらにはカオマンガイ屋台まである。こういった屋台で買ったものはバービア店内に持ち込んで食べることができる。

ソイ6バービアの営業時間は?

img_3261-2早い店だと昼の12時には店のシャッターを開けている。閉店時間はゴーゴーバーや他のバービアもよりも早く深夜1時にとなる。昼間でも元気に営業しているのでピン子も大喜び間違い無し!

しかし気をつけたいのが深夜12時を回ると怒涛のソイ6ラッシュに突入する。昼間のパタヤでよく目にするバービアに入り浸っているファラン(欧米人)が1日の垢を落としにソイ6に集まってくるのだ。

ビール片手に昼間はボケーっとしているファランだが夜になると目つきは変わり俊敏な動きで次々とソイ6のタイっ子を品定めしペイバーしていく。なので深夜12時にもなると品薄になるので実質の閉店時間は夜23時までだと思って行動するべし。

ソイ6バービアの評価

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-17-4-56-09
ゴーゴーバーでは見学までに留めてソイ6でスッキリ爽快するというスタイルがコスパよし。バンコクよりもはるかにバービアの物価が安いがゴーゴーバーは相場は変わらない。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-2-59-47

 

スクリーンショット 2016-08-21 3.49.10 のコピー 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA